BLOGブログ
BLOG

「何が起こるか分からない」

2019/05/28
ロゴ

地球温暖化、平成は災害で幕を閉じた。令和になり昨日あたり北海道が39℃越え

逆に沖縄が28℃くらいと南と北が逆転しちゃっている異常な気候である、こんなんだと

何時とは言えないが「○○で令和最高気温50℃が観測されました」ニュースが流れてきそうだ。

 

 そういえば、張本氏も言っていたが最近はボールが飛びすぎである。日本野球機構か分からないがボールの飛距離が出るようボールに細工してるんじゃないかと思うくらいだ。

たまに見ると打った本人がビックリするような場面も目立つ。

 

 昨日のトランプにはがっかりである、国技館での入場の際はデストロイヤーの覆面で

タイガージェットシンのサーベルくらいはやってほしかった。朝青龍とか小錦辺りが現役だったらお面白かったかも。

 

 昨日はようやく後楽園で日本ダービーの勝ち馬投票券を買い時間があったので、国立競技場の進捗状況を確認に行ってきた。「いやあ、いつ見てもデカい。建物本体の接合部は

何か所なのだろう?一日何人で何か所の接合部を固定して今の形になったのだろう。

反対側の芝生の先のきれいな五輪が気になり見てみると、暑い中「嘉納治五郎先生」が

新しく出来上がろうとしている競技場の方を見ていた。治五郎先生が言った言葉で有名なのが「自他共栄」である、自他共栄とは相手に対し敬い、感謝することで信頼し合い、助け合う心を育み自分だけでなく他人と共に栄えある世の中にしようとすることである。今、

NHKで放送している「いだてん」での金栗四三はマラソン途中棄権となっていますが

棄権の意思が運営者側に届いていなかったため、行方不明扱いとされ55年後の記念式典で

ゴールし「548か月65時間32203」とアナウンスされたそうです。

ちなみに昨日の日本ダービーは何も起きませんでした・・・淋しくうなだれる

 佐久間でした。