BLOGブログ
BLOG

色づく街

2019/06/19

この時期の色と言えば、偶然晴れた真っ青の水色と、どんより曇った時のグレー色の雲にそして新緑の緑です。アジサイは夏の夜空の花火のように、一色で大輪の花や何色かで夏のナイヤガラのように煌びやかに咲いている。

この歳になって初めて撮影した、荒川車庫。車庫の白い壁はまるで高架のように見えモノクロだったらまるで昭和の風景である。

今日久しぶりにツバメの巣を見た、明治通り沿いの某中華レストランBの右横のK印刷さんの1階天井下(軒先)に巣を作っていた。見た感じだと4匹とても元気に餌だけを待っている。ツバメの巣というのは色んな意味で縁起が良いらしい、

例えば:豊作 ツバメは稲作の害虫を餌として稲穂が育ち

金運 豊作になりお金持ちになる。快適環境 

ツバメはより快適な場所を選び巣を作る、といったところから人間にとっても恵まれた環境と呼ばれるのだろう。

ちなみに南沙織の歌った色づく街の色づくは、今頃ではなく秋から初冬に向かう

今の(平成から令和)気温よりはず~っと寒かったと思う季節を唄っている。

 立ちっ放しは疲れるのでたまには スワロー と思う佐久間です。