BLOGブログ
BLOG

住宅ローンと工事契約

2018/01/31
ロゴ

昨日設計事務所の先生から住宅ローンの審査を受けるので

工事契約書を作りたいというお話がありました。

「えっ?見積書でなくて、工事契約書ですか?」

とお聞きしたのですが、やはり契約書とのこと。

聞くところによりますと、ここ最近は住宅ローンの審査を受ける際には

契約書が必要とのことでした。

お客様の状況としましては、まだ敷地が確定しているだけ。

住宅の図面もなければ、当然お見積書もありません。

決まったご予算で工事契約書を取り交わしましょうと。

 

こういったことになりますと、私どもにもお客様にも双方にリスクが発生します。

お客様側から見れば、相見積をとることは不可能になりますし、

打ち合わせを進めていくうちに続行が難しいと判断されたとしても、

契約破棄になってしまいます。

 

施工会社からすれば、当然工事をご予算の範疇に収めていくことになりますが、

図面もない状態です。自社設計だったり、これまで自社での施工実績のある

設計事務所の物件であれば、対応できますが、そうでない物件は難しくなります。

 

銀行への金融庁からの指導などが入ったせいなのかと思いますが、極端な例としては、

契約を結び、審査をお願いしたところ、どこも審査を通りませんでした。という話になって

しまった場合はどうなってしまうのでしょう。

などと考えさせられました。

 

私たちは「急がない家づくり」を経営理念としています。じっくり打ち合わせをして、

お客様も、私たちも納得したうえで工事契約を結びましょうということにしておりますが、

それよりずっと前に「まず契約しましょう」というのはいささか違和感を覚えます。

いずれはこうしたことが当たり前になってくるのかもしれませんが。