BLOGブログ
BLOG

住宅設備の寿命

2018/03/08
ロゴ

昨日、リフォームの担当をしたお客様より連絡をいただき、訪問してきました。

ユニットバスの換気扇の作動音が突然大きくなった!とのことでした。

リフォーム後、6年が経過したときに給湯器の不具合で交換をした他は、細かなメンテナンスのみでしたが、

先日はキッチンのビルトインガスコンロに不具合も発生していたので、続けて設備機器の不具合となります。

住宅設備はシリアル番号で管理されていますので、メーカーサービスで対応できるか、弊社の工事もあわせての

修繕となるかは程度によります。

リフォーム後まもなく10年になろうとしていますので、設備機器の寿命もこのあたりが目安になるのかなと思いました。

浴室内入口上部のシリアル番号を確認しましたら、メーカーの社名も「リクシル」ではなく「トステム」でした。

10年が経過するのは、本当に早いものですね。

設計部 高橋あきら