BLOGブログ
BLOG

リフォームとリノベーションの違いについて解説

2021/06/13

リフォームとリノベーション、どちらも聞いたことのある言葉だけど具体的な違いをご存知でしょうか?
似ている言葉ですが、両者はそれぞれ違う意味を持ちます。
そこで今回は、リフォームとリノベーションの違いについて解説するのでぜひ参考にしてくださいね。

▼リフォームについて
リフォームとは、古くなった設備や内装を新築の状態に戻すことを言います。
壁紙や床材を取り替えたり、キッチンを新しくするなど部分的に工事をおこない新築の状態に近づけます。

▼リノベーションについて
リノベーションとは、間取り・内装・配管をイチから作り変え、新たな住まいを生み出します。
新たな間取りを作ったり、部屋を広くするために壁を取るなど、ライフスタイルに合わせた空間を作り上げます。

▼工事の違い
キッチンや浴槽の入れ替え、壁紙の貼り替えなどはリフォームに該当します。
対して、間取りや配管の変更などの規模が大きい工事はリノベーションになります。

▼状態の違い
新築の状態に戻る、もしくは近い状態に戻すことをリフォームと言います。
対して、新築のときよりも高い性能になるのがリノベーションです。

▼まとめ
今回は、リフォームとリノベーションの違いについて解説しました。
それぞれ似ている言葉ですが、意味は異なるのでぜひ覚えておいてくださいね。
また、当社は荒川区を中心にリフォームとリノベーションをおこなっています。
お客様のご要望に合わせた提案をしているので、理想の住まいを手に入れられますよ。
ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。