BLOGブログ
BLOG

断熱材の種類について解説

2021/07/28

断熱材は快適な住まいづくりに欠かせないものです。
では、断熱材はどんな種類があるのでしょうか?
そこで今回は、断熱材の種類について解説いたします。

▼断熱材の種類
断熱材は大きく分けると、3種類になります。
■繊維系断熱材
ガラスを繊維状にし、繊維の間に空気を閉じ込めたものです。
繊維系断熱材は下記のものがあります。
・グラスウール
安価で頻繁に使われます。害虫や火災などに強く、防音効果もあります。
・ロックウール
鉄炉スラグなどを高温加工して作った断熱材です。収音性能があり、空港でも使われます。
・セルロースファイバー
古紙を再利用し、害虫や火災に強く、結露対策もできます。
・インシュレーションボード
植物繊維で作られ、軽い素材が特徴です。断熱性と吸音性が高く使い勝手がいいと言われています。

■発泡プラスチック系断熱材
発泡させたプラスチックを、細かな気泡の中に閉じ込めたものです。
気泡ではなく、断熱性が高いガスを閉じ込めた高性能な断熱材もあります。
・押出発泡ポリスチレン
ポリスチレンを発泡させた断熱材で、水や湿気を防ぐ効果があります。
・ウレタンフォーム
断熱性が高く、省エネ効果がある断熱材です。耐久性も高く、やや高値に分類されます。

■天然素材系断熱材
自然素材を使った無添加の断熱材です。地球環境にいい断熱材ですが、高価のものが多いです。
・羊毛や炭化コルク
羊毛の服をリサイクルしたものが断熱材として利用されます。
調湿性が高く、結露対策に優れています。

▼まとめ
今回は、断熱材の種類について解説しました。
断熱材は家づくりにおいて大切なものなので、よく考えて選ぶようにしましょう。
また、当社は荒川区を中心にリフォームをおこなっています。
荒川区で、リフォーム会社をお探しの方はぜひお気軽にお問合せください。