BLOGブログ
BLOG

リフォームローンを選ぶ際のポイントについて

2021/11/01

資金が足りないからとリフォームを諦めている方もいるのではないでしょうか。
規模にもよりますが、リフォームはまとまったお金が必要なのでなかなか踏み出せない方もいると思います。
そんな方は、リフォームローンを利用するのがおすすめです。
今回は、リフォームローンについて、またリフォームローンを選ぶ際のポイントについて解説していきます。

▼リフォームローンとは
リフォームローンとは、リフォームのためのローンで有担保型と無担保型の2種類があります。
有担保型は、一般的に1億円まで借入することができ、さらに返済期間は35年まで設定することができるので、大規模なリフォームに向いていると言えます。
また、金利は1~2%と比較的低いのが特徴です。
一方無担保型は、500万~1,000万円まで借入することができ、返済期間は10~15年の間で設定することになるので、小規模なリフォームに向いています。
そして金利は、2~5%と有担保型よりも高くなります。

▼リフォームローンを選ぶ際のポイント
リフォームローンにはさまざまな種類がありますが、その中でもできるだけ金利が低いものを選ぶのがおすすめです。
どれも数%しか金利は変わりませんが、この数%で返済額が大きく変わります。少しでもリフォーム費用を抑えたいという方は、低金利のリフォームローンを検討しましょう。
また、ほとんどの場合は団体信用生命保険がありますが、中には加入できない場合があるので注意が必要です。

▼まとめ
資金不足でリフォームを諦めている方は、リフォームローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
リフォームに関して聞きたいことがあれば、いつでもご連絡ください。