BLOGブログ
BLOG

サッシの取付・交換のタイミングについて

2022/03/01

窓のリフォームの1つにサッシの取付・交換がありますが、どのタイミングでサッシを交換すればいいのかわからないという方もいると思います。
また、サッシにはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。
そこで今回は、サッシの取付・交換のタイミングとサッシの種類について解説していきます。

▼サッシの取付・交換のタイミング
サッシは20~30年が寿命だと言われていますが、このタイミング以外にも住宅の機能性を向上させる目的でもサッシの交換は行われます。
ただ、近年サッシの性能が向上しているので、サッシ自体が劣化や不具合を起こすことは少なくなりました。
サッシが不具合を起こす原因としては、戸車の破損や地震によるサッシの鍵付け不良などが挙げられます。
サッシを交換することで防音性や断熱性の向上、結露の減少などが期待できます。

▼サッシの種類
サッシには、木製・アルミ製・樹脂製・複合製の4種類があります。
木製サッシは名前の通り木でできているので、木そのものの温かみを感じることができるのが特徴です。
ただ、他のサッシと比べてコストがかかり、木材の劣化を防ぐために定期的なメンテナンスが必要になります。
そしてアルミ製サッシは、軽量で耐久性や耐候性に優れているのが特徴ですが、他のサッシに比べて断熱性が劣ります。
それに比べて、樹脂製サッシは断熱性に優れているので、夏は涼しく冬は暖かく快適に過ごすことができます。
複合製サッシは屋内外で違う素材を使用し、それらを組み合わせて作ったサッシです。
組合せによって機能が変わる、使い勝手が良いサッシと言えます。

▼まとめ
サッシの取付・交換は比較的簡単なリフォームなので、住宅環境を良くしたい方は検討してみてはいかがでしょうか。
弊社は荒川区を中心にリフォームを行っているので、気になる方は気軽にご連絡ください。