BLOGブログ
BLOG

家の居心地が悪いと思ったら?

2022/05/01

長く同じ家で過ごしていると、時間の経過とともに「居心地が悪くなった」と感じることもあるでしょう。
家の居心地が悪いと感じたら、思い切ってリノベーションをしてみてはいかがでしょうか。
今回は良い家を作るためのリノベーションのコツをご紹介いたします。

▼家の経年劣化は避けられない
新築時は快適だった家も、長く住んでいるとそれなりに劣化してきます。
床や壁の汚れ、屋根の雨漏り、外壁塗装が剥がれたりなど、見た目だけでなく断熱性や防音などにも不具合が起きることが多いです。
ただ住むだけなら問題はないですが、隙間風で寒い、じめじめするなど何となく居心地の悪い家になってしまうでしょう。
最終的には引越しを行うのもひとつの手ではありますが、快適な居心地を取り戻すには大規模なリノベーションもおすすめです。

■リノベーションの利点
リノベーションの良いところは、元の家の状態を取り戻すというだけでなく「もっと良い環境」にできる点です。
例えばキッチンの位置を変えて使い勝手を良くしたり、部屋の壁を取り除いて2部屋をひとつにまとめたりと、まるで新しい家に住み替えるように自由に設計を考えられるのはリノベーションの最大の利点と言えるでしょう。
多少制限はあるものの、平屋を二階建てにしたり、敷地内に部屋を増設するといった施工も可能です。
どのような工事が可能かについては、ぜひ一度リノベーション業者にご相談ください。
モノリス秀建株式会社も荒川区の地域密着型業者として、より居心地が良くなるリノベーションについて真剣に考えさせていただいております。

▼まとめ
家は生活の一番の土台になる場所ですから、最大限に居心地の良い環境を整えたいものです。
ご自身の生活スタイルに合った家に仕上げていただき、今よりもっと過ごしやすい毎日を送ってくださいね。