BLOGブログ
BLOG

リノベーション期間中は仮住まいに移るべき?

2022/09/03

大規模なリノベーションを行う時、施工中の住まいについて気になる方も多いことでしょう。
今回はリノベーション期間に仮住まいに移る必要があるのかどうかについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼大規模リノベーションでは仮住まいが前提
キッチンやトイレなど部分的な改修であれば別ですが、家全体のリノベーションを行う場合、施工期間中は仮住まいに移っていただくのが原則となります。
どうしてもという場合は住みながらのリノベーションも可能ですが、お風呂などの設備が使えなくなる可能性が高いため、かなり不便になってしまうでしょう。
また、工事中の室内は危険な場所も多いです。
事故を防ぐためにも、できるだけ仮住まいに移っていただくことをご検討ください。

■施工会社から案内することも可能
リノベーション期間中の仮住まいをご自身で探すのが難しい場合は、施工業者でご案内することもできます。
モノリス秀建株式会社でも荒川区周辺の賃貸物件やホテルについて熟知しておりますので、ご希望に合わせた仮住まいのご紹介が可能です。

■どのくらいの期間になるの?
家全体のリノベーション期間は、内容にもよりますが2ヵ月~5ヶ月くらいが目安です。
具体的な期間については、設計段階からしっかり確認していただくと良いでしょう。
あまりにも長い期間仮住まいになると困るということであれば、無理のない施工になるようにリノベーションプランを組むことも可能です。
こうした希望についても、ぜひ遠慮なくご相談ください。

▼まとめ
仮住まいに移るというと少し不安に思う方もいるかもしれません。
そのご不安を少しでも軽くできるように業者側でも尽力させていただきますので、納得できるリノベーションプランを一緒に作っていきましょう。