BLOGブログ
BLOG

家の減価償却年数について

2023/08/03

「減価償却年数についてよく分からない」
家やマンションなどに対して、そう考えている方も多いですよね。
そこで減価償却について分かりやすく説明します。

▼家の減価償却年数はどうなる?
減価償却とは、取得費用を一定年数に分けて経費として計上するための計算方法です。
不動産の減価償却費は、取得費×償却率で計算出来ます。
そして計算をするためには、建物の法定耐用年数なども把握しなくてはなりません。
耐用年数や償却率は以下のようになっています。

・木骨モルタルの住宅……法定耐用年数20年、償却率0.05
・木造、合成樹脂造……法定耐用年数22年、償却率0.0046
・鉄骨鉄筋コンクリート造……法定耐用年数47年、償却率0.0022
・給排水、ガス。照明設備……法定耐用年数15年、償却率0.0067 など

耐用年数や償却率を見ても、複雑だと感じる方もいらっしゃるでしょう。
しかし慣れていない人にとっては「よく分からない」と感じるのも当然ですよね。
どれにあたるかなどは、業者に直接確認してみましょう。

▼まとめ
戸建て住宅やマンションなどは、頻繁に買うものでもないため疑問や不安を抱えることも多いでしょう。
そこで、疑問点、不明点の質問に、丁寧に応じてくれる業者を利用してください。
荒川区の「モノリス秀建株式会社」では、一生付き合える工務店として、お客様からのご質問に丁寧に対応しております。
新築やリノベーションなどの予定がありましたら、ぜひ弊社にお問い合わせください。