BLOGブログ
BLOG

家の中でバリアフリーがおすすめの場所とは

2024/03/05

「家を建てるなら、バリアフリーにすべき場所はどこ?」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
バリアフリー化するべき場所と言われても、すぐには思いつきませんよね。
そこで、家の中にバリアフリーを取り入れるにあたり、おすすめの場所について紹介します。
ぜひ記事の内容を最後までチェックしてみてくださいね。

▼家の中でバリアフリーがおすすめの場所
バリアフリーを取り入れるのがおすすめな家の中の場所としては、以下が考えられます。

・廊下や階段(手すりを設置する)
・部屋の入口(段差を解消する)
・玄関(スロープを設置する)
・トイレ(段差を解消する・手すりを設置する)
・ドア(引き戸にする)

手すりやスロープの設置、段差の解消などは、高齢者や障害者の移動を楽にします。
またドアを引き戸にすると、力を使わずに開閉することが可能です。
体に掛かる負担を大きく減らせるため、バリアフリー住宅は人気があります。
高齢化などに伴い住んでいる家をバリアフリーにするなら、リノベーションもおすすめです。

▼まとめ
誰もが暮らしやすい家作りを考えているのなら、ぜひバリアフリーを検討してみましょう。
どの場所に何を設置するかは、業者に相談しながら、家族で話し合ってみるのもおすすめです。
荒川区で注文住宅やリノベーションのバリアフリーを考えるなら、「モノリス秀建株式会社」をご利用ください。
弊社では、お客様が快適に生活できる理想な家作りのために様々な提案を行っております。